Just another WordPress site

ブラウスの買い替え

買い替えも必要になる幼稚園の制服のブラウス

幼稚園には制服があります。これまで私服で過ごしてきた子どもたちも、幼稚園に入園すると日中は制服を着て過ごすことになります。そのため、入園が決まってから入園式の前までに、制服を購入しなくてはいけません。入園前には長袖のブラウスやブレザー、ズボンやスカート、そして靴下や上靴、体操服などを注文します。それに加えて指定のバッグや帽子なども注文することになるでしょう。ブラウスや靴下などは、洗い替えを用意しておく必要がありますので、数枚揃えておかなくてはいけません。揃えなくてはいけないアイテムは、幼稚園によっても違うでしょう。しかし入園前には一式を揃えなくてはいけないので結構な費用がかかる場合が多いです。さらに入園して少し経つと夏服も購入しなくてはいけません。最初の年は、制服代が意外とかかることを知っておいた方がよいでしょう。
幼稚園は3才で入園する場合と4才で入園する場合がありますが、3才で年少から入園した場合は3年間在籍することになります。幼稚園の頃は1年間でもずいぶん背が伸びます。3年間の間にかなり背が伸びるでしょう。しかし、制服代も高いので、3年間もつようにとかなり大き目のサイズを買う人も多いです。そのため入園したての頃はかなり余裕がある制服を着ている子どもも多いです。できるだけ買い替えなくて済む方がよいでしょうが、ブカブカの服は脱いだり着たりするのも大変です。自宅で着替えるときは、お母さんが手伝うことができるでしょうが、幼稚園で体操服に着替えることもあるでしょう。あまりに大きなサイズは子どもが自分ひとりで着替えるときに大変かもしれません。また、ブラウスはどうしても袖が汚れがちです。
そのため、3年間着るとかなり汚れてくる可能性もあります。ブラウスや体操服は年長あたりで買い替えなくてはいけない子どもも多いでしょう。年長で買い替えるということは、あと1年しか着ないのにもったいないと思われる方が多いでしょう。下の兄弟がいる場合は、サイズを買い替えてもまた役立てることができるのでもったいなくないですが、兄弟がいない場合は年長で買い替えるのももったいないと感じるでしょう。買い替えるのはもったいないけれど、サイズが小さくなってしまったという場合は、いらなくなった制服を譲ってくれる人を探してみてはいかがでしょうか。近所で同じ幼稚園を卒園した子どもがいる場合は、譲り合って利用するとよいでしょう。